あそこが臭い方こちらをチェック

あそこが臭いのは女性にとっては大きな悩みになります。
悩んでいても仕方がないので、あそこの臭いをなくすためにいろいろと対策を考えます。
あそこのケアの基本は洗い方などですから、ここで正しい洗い方を知りましょう。

 

あそこの正しい洗い方を知る

あそこの皮膚は薄い粘膜ですから、柔らかいタオルを使っても、
刺激を与える洗い方はNGです。
刺激を与えても臭いはすぐに発生しませんが、その前に黒ずみのトラブルになります。
あそこを洗う時には、泡で洗うと考えましょう。

 

泡立てネットなどで、あそこ専用の石鹸やボディソープをしっかり泡立てて、
泡で包み込むようにして洗いましょう。
なお、指の腹でやさしく前から後ろに洗うようにします。

 

あそこの洗い残しに注意する

あそこは大陰唇、小陰唇その他で複雑な構造になっていますから、
泡できれいに洗ったつもりでも汚れが残ることがあります。
洗い残しがないように、泡で洗う方法を自分なりにいろいろと試してください。
なお膣内まで指を入れるとの常在菌を洗い流す危険性があるので要注意です。

 

あそこを洗う石鹸などに注意

あそこを正しく洗うこと以外に注意を要するのが、使用する石鹸やボディソープです。
いずれにしても化学合成の界面活性剤を含む石鹸などは止めましょう。
また、肌に優しいとされている天然成分の専用石鹸でも、
洗い過ぎは必要な常在菌まで洗い流してしまい、
それが臭いの原因になるので注意しましょう。

 

ここまでであそこの正しい洗い方についてお分かりと思いますが、
あくまでもあそこはデリケートな粘膜質だということを覚えてください。

すそワキガの治療方法

誰もがなりたくないことはたくさんあると思いますが、
なりなくないことのひとつがデリケートゾーンのすそワキガでしょう。
実はすそワキガは脇のワキガ同様に遺伝性が高いため、
決定的な100%完治する治療方法は残念なことに現状では見つかっていません。
しかしだからと言って諦めることはなく、
すそワキガの治療方法は保存療法と手術療法があります。

 

■すそワキガの保存療法とは
保存療法はすそワキガの原因であるアポクリン汗腺を残したままでの治療方法です。
すそワキガの張本人であるアポクリン汗腺が残っていますから、
この療法はいわばケア療法とも言えます。
保存療法では、まずはデリケートゾーンのムダ毛の処理をおこないますが、
たとえば医療レーザーなどでもVIO脱毛などがあります。

 

ムダ毛を処理した次におこなうのは、アルコール消毒で、
エタノール水溶液やイソプロパノール水溶液などで消毒します。

 

ただし、アルコール負けをする敏感肌の場合は注意が必要で、
また、拭き取りすぎると雑菌の侵入を防ぐ善玉の常在菌が減るので、
拭き取り過ぎには注意しなければなりません。
なお、肌の状態にもよりますが、市販の制汗剤を使うこともできます。

 

すそワキガの手術療法

すそワキガの原因はアポクリン汗腺からの汗ですから、
手術ではなく、アポクリン汗腺の機能を鈍らせるボトックス注射があります。
この注射は一回で4〜6ヶ月は汗を止める効果があるので、
注射の成分が効いている間はすそワキガを抑えることができます。

 

また、剪除法という外科的手術でアポクリン汗腺を減らすことができ、
成功すると大幅に臭いのもととなる汗を減らすことができます。

 

別の手術方法は吸引法で、手術での痛みが少なく、
手術後の回復は剪除法よりも容易ですが、
アポクリン汗腺の除去率が不十分な時は再発の可能性があります。
まんこ 臭い

更新履歴