デリケートゾーンが痒くなる原因と対策

人は痛いのが苦痛ですが、痒いのも困りもので、特にデリケートゾーンが痒いと、
とても困ります。
ここでデリケートゾーンが痒くなる原因とその対策を考えましょう。

 

どうしてデリケートゾーンが痒くなるのか

まさかノーパンということはなく、普通にはショーツを履きます。
生理の時にはナプキンも使うでしょう。
そうすると通気性がどうしても悪くなるので、デリケートゾーンが蒸れやすくなります。

 

蒸れることが痒くなる原因のひとつです。
ただし、次に説明するような大きな原因もあります。

 

おりものの分泌液や汚れで雑菌が繁殖することで起きる炎症

デリケートゾーンには汗やおりものの分泌液があります。
これがデリケートゾーンにいる雑菌を繁殖させると、炎症が起きることがあります。
炎症が起きると痒みを感じるようになるのです。

 

痒いからと掻くことができない場所ですが、そのままで我慢していると、
今度は炎症が痛みを伴うようになります。

 

デリケートゾーンが乾燥した時やアレルギー、敏感肌で痒くなる

デリケートゾーンには分泌液がありますが、皮膚の角質層が薄いので乾き易くなります。
皮膚が乾燥すると痒くなります。

 

またアレルギー地質だと何かの拍子にアレルギー反応が起きて痒くなりますし、
もともと敏感肌の人は痒くなりがちです。

 

ではデリケートゾーンの痒み対策は?

デリケートゾーンの痒み対策は、原因を取り除くことです。
つまり蒸れないようにしながら、乾燥しないように気をつけることです。

 

雑菌の繁殖を防ぐためには正しい洗いかたでデリケートゾーンを清潔にして、
乾燥しすぎないようにワセリンなどで保湿しましょう。
また、ショーツは木綿性の通気性が良いものにしましょう。

 

ウイルスや細菌が原因で痒くなった時

デリケートゾーンで繁殖する雑菌で痒くなるのはカンジタ菌が増えすぎた場合です。
カンジダ菌はもともとデリケートゾーンに住みついていますが、
増えすぎると炎症を起こし、強い痒みを感じます。

 

このような時には婦人科や性病科で治療してもらうようにしましょう。
ちなみにカンジダ菌はセックスで男性に伝染することがあるのも覚えておきましょう。

 

デリケートゾーンが痒くなる病気

性病の尖圭コンジロームやトリコモナス膣炎などと、感染性外陰炎なども
デリケートゾーンが痒くなります。
このような自覚症状がある場合は必ず医療機関で治療してもらわなければなりません。

 

病気以外での痒みを抑える方法

敏感肌で痒くなる、あるいは乾燥が原因で痒くなるという時には保湿力があり、
身体に安全なワセリンや専用のクリームを塗ると痒みを抑えることができるでしょう。
体調が悪いとかアレルギーなどで痒くなる時はホルモンバランスが乱れないようにします。

 

つまり、デリケートゾーンを清潔にして、適度の保湿をして、
ホルモンバランスに気をつければデリケートゾーンの痒みは抑えることができるでしょう。